hueand

COLUMN

hue andで活躍するフードクリエイター、テクニカルメンバー、
フードトレンド、イベントのご紹介を織り交ぜた、
コンシェルジュコラム。

hueandのクリエーター、事例に関する記事を検索できます。

【and people 】andクリエイターを大解剖! case:舟久保琴恵

hue andで活躍する食のクリエイターにインタビュー!
フード業界にてさまざまな活動をするクリエイターは、どのようにその職業に就いたのでしょうか。これまでの経歴や仕事に対する思い、これからやっていきたいことなど、クリエイターの内なる部分にスポットを当てる「and people」。

今回は、旬レシピクリエイターでフードコーディネーターの舟久保琴恵さんにお話を伺いました。
撮影はフォトグラファー鈴木孝彰が担当しました。

旬レシピクリエイター・国際薬膳調理師・野菜ソムリエ・豆腐マイスター・出しソムリエとたくさんの高垣や資格をお持ちでご活躍されている舟久保さんにそれぞれの資格でできることや、やってきたことなどを伺ってみました。

舟久保流で、季節の野菜と身体のマッチング

舟久保さんの普段の料理に対する姿勢をお伺いしました。

舟久保・・・「じつは料理ってそんなに得意ではないのです。」

フードコーディネーターの資格と肩書きをお持ちなのに!?とびっくりしますが、その、本意は<長い時間、自分の為や料理の研究のためにキッチンにこもったりするのが苦手なんです。家族のためやゲストの為のお料理をするのは好きですけど。どちらかといえば、畑に出向き土いじりをしたり、農家さんや八百屋さんに伺って生産者の話や美味しい食べ方について話を聞くことが好きです。>だそうです。

実はレシピ本も読むのも苦手といいます。
写真集のように見たりながめたりするのは好きですが、材料や作り方を読むのは苦手としているそうです。
舟久保—-レシピ本通りの材料を買って材料が余ったときって他の使い道に悩むことありませんか?ほかにも分量を計ったりがめんどくさくて・・・目分量は得意です。(笑)もちろんお仕事の場合はしっかりしますよ。でも普段のときは、いつも冷蔵庫にある普通の材料で、家族や主人が喜んでくれるシンプルでおいしい料理を作るのは大好きです。

Foodconcierge—–時間の少ない主婦や料理が苦手な主婦の方の味方ですね!!

舟久保—-はい!そんな方々のサポーターになりたいと常々思っています!そういう主婦の方ってじつは多いと思うんです。

Foodconcierge—でも。国際薬膳調理師の免許もお持ちで、登壇されたり、講師もされているので、凝った料理や複雑なものがお得意なのかと思っていました。
薬膳料理って聞いただけで難易度も高そうだし、そもそも薬膳食材を買うことすら難しそうですよね。

舟久保—–いえいえ。薬膳料理って実は簡単に作れますよ。あくまで舟久保流ではありますが。(※薬膳料理の考え方などは多々あります。)
こだわるのは季節と自分の体の声。材料とのマッチングです。

複雑な手順とか、あまり知られていない材料を使って作ったとき、食べる側も食べるのに抵抗ありますよね?しかもそれを定期的に続けないと効能が得られないとなるとハードルは高くなります。3食をずっと考えるのも、毎日作るのもそれは大変です。
なので身近な材料を使って食材の力を引き出せるような身体に良いレシピ。そしてなによりも食べたいものを食べる。
これが私の考える「舟久保流薬膳料理」です。
季節の食材は「旬」と言うだけでおいしいので、料理が苦手な方でもシンプルな調理法でおいしい一品を作ることもできます。
食べたいという食欲は自分自身の声です!そこに耳を傾けることが薬膳料理の基本でもあります。

主婦目線で。 「亭主元気で留守がいい」

舟久保—–実は男性向けの薬膳料理本って少ないのですがご存知でしたか?
女性の方がホルモンに左右されやすいので女性向けの薬膳本って主流なのです。でも、目には見えずらいし、わかりずらいですが男性ももちろんホルモンバランスが崩れたりストレスが溜まったりします。肩こりなんかもその1つですね。
もし、ご主人がお酒をよく飲まれる方なら、酒のおつまみにこっそり解毒作用成分の入った材料を使って作ったりするのもいいのではないでしょうか。旦那様の身体メンテナンスのために薬膳レシピを導入して元気になってもらってしっかり働いてもらう。
「亭主元気で留守がいい」ってよかったりしませんか?

主婦目線で語れる舟久保さんの笑顔が印象的でした。

舟久保流 薬膳料理

この冬の寒い時期に入手できる旬な野菜を使って、料理が苦手な主婦の方でも簡単に作れる薬膳料理を作っていただきました。
ぱっと見でどれが薬膳なの??と思ってしまうような食材達ですが、これも舟久保流!

今回は調理が苦手な方でも作りやすいような簡単工程で作れる料理と材料は写真でお見せします。
【牛肉とパクチーのレモンサラダ】
<食材>
 パクチーは夏に食べたくなる食材ですが、身体を温めてくれるので、冬に食べてもOK。さっぱりとした味は箸休めにもなります。

<完成>

[舟久保コメント]
冬から春にかけ気候がだんだん暖かくなってくるそんな時期には柑橘類をうまく取り入れると、気の上昇も抑えることができます。
気が高ぶると、寝不足になったりすることもあるので、そういう時には柑橘類で心を落ち着かせます。

【身体ポカポカけんちんうどん】
<食材>
舟久保流は野菜の皮は捨てず、極力そのまま使い切ります。
<材料>

<完成>

[舟久保コメント]
今回のけんちん汁に使われている食材は疲れた胃腸の働きを改善し、身体の中を乾燥から守ってくれる食材ばかりを揃えました。冷えも改善してくれるので、まだまだ寒いこの時期にはおすすめの料理です。
また、けんちん汁はおこと汁とも言われ、2月8日にいただくことで無病息災を願う(茨城県辺りの)郷土料理でもあります。

食育豆腐インストラクター

舟久保—–豆腐は私のライフワークでもあります。
野菜の声を聞いていく中で大豆と向き合っているうちに楽しくなってきたので、食育豆腐インストラクターの資格を取得しました。

現在は豆腐マイスターの認定講座の認定講師として登壇をしたり、メーカー様からの依頼で豆腐を使ったレシピ開発をしたりしています。
他には、小学校の食育や一般の方向けにWorkShopで豆腐の作り方を開催することもあります。

そんな舟久保さんに、男性でも満足するようなボリューム感と味付けで1品考えてもらいました。
にんにく醤油の香りだけでもご飯が進む一品です。
夜遅くに帰ってきた旦那さんや部活帰りの息子さんへのおかずにもいかがでしょうか。

【にんにく香る、豆腐の肉巻き】
<材料>

<完成>

[舟久保コメント]
お豆腐は身体を冷やしてしまいがちですが、胃腸の潤いのためにお豆腐は欠かせないもの。季節を問わずいただきたいので寒い時期は紫蘇や豚バラ、ニンニクなど体の中から温めてくれる食材と合わせるのはいかがでしょうか。
ちょっと濃いめの味付けにすれば、男性にも好まれます。お豆腐でかさましもできているので、メタボが気になる方や年末年始の暴飲暴食で体重計が気になるこの季節でも満足してがっつりいただける一品です。

季節の食材を使うことの良さは他にもあります。
この野菜にはどんな効能があるの?来年もこの野菜たべたいね。なんて舟久保さんご自身も旦那さまとよく食卓で食事中に話をされるそうです。食卓での一番のトッピングは楽しい会話かもしれませんね。

Foodconcierge—-舟久保さんは「料理苦手主婦のミカタになりたい。」と言っていましたが、すでになっていると言いきれる素敵なクリエイターではないでしょうか。

ご協力いただいた食のクリエイター

舟久保琴恵/旬レシピクリエイター・フードコーディネーター

旬レシピクリエイター。旬の食材の調味料にこだわり、薬膳の考えも取り入れたシンプルで作りやすい「ケ」の日の料理を提案。レシピ提案、商品開発、イベント講師などを行う。
国際薬膳調理師、野菜ソムリエ、豆腐マイスター、だしソムリエ2級資格所持。

舟久保さんへのお仕事の依頼はこちらまで(→hue_and@hue-hue.com)
依頼可能内容:撮影調理補助/主婦の味方になれるレシピ開発・商品開発/薬膳や豆腐についての登壇、講師など

CONTACT

hue_and@hue-hue.com

【担当】 森河 ・ 高橋

会社概要

株式会社アマナ

創設1979年4月28日
所在地本社:東京都品川区東品川2-2-43
主な事業内容ビジュアルコミュニケーション事業
資本金1,097百万円
従業員数(連結)1,107名※2020年1月1日現在
URLhttps://amana.jp