hueand

COLUMN

hue andで活躍するフードクリエイター、テクニカルメンバー、
フードトレンド、イベントのご紹介を織り交ぜた、
コンシェルジュコラム。

hueandのクリエーター、事例に関する記事を検索できます。

【and people 】andクリエイターを大解剖! case:藤井玲子

食ライフのプロにインタビュー このシリーズはand.で活躍する食のクリエイターたちの“いま”を探るべく、普段の飾らない素顔や仕事内容をのぞいてみました。プロだからこそ知るテクニックや裏事情は、目からウロコ!知って得する情報も盛りだくさんでご紹介していく連載です。
今回、担当してくれたのは料理研究家・フードコーディネーターの藤井玲子さん。
撮影はフォトグラファー近藤恵佑が担当しました。

 

料理研究家・フードコーディネーター

食べることも料理を作ることも大好きだという藤井玲子さん。インタビューをしていると、美味しいご飯を作る方なんだろうなぁと、いつしか彼女の軽快なトークに引き込まれてしまいました。飾らない笑顔の奥にある、ド根性の一面も魅力です。

食べ専から、料理の講師へ転身

Food Concierge…有名な某料理教室で講師として活動されていたと伺いました。新卒からずっと食関係のお仕事をされていたのですか?

藤井さん…いえ、全く違う職種です。商社の営業をしていたのですが、男性と一緒にバリバリとノルマをこなすような忙しい部署で働いていました。毎晩、終電に乗り込んで電車の中でノートパソコンを開いて、また仕事をするようなそんな生活でした。

Food Concierge…キャリアウーマンだったのですね。

藤井さん…はい、男性に負けたくなくて必死で仕事をしていました。でも、ふともっと女性が活躍できる場所はないものかと考えたのです。

Food Concierge…それで料理教室へ? 元々、お料理は得意だったのですか?

藤井さん…食べることは好きだったのですが、完全に食べ専でした(笑)。食の雑誌を読んで、レストラン巡りとか食べ歩きが大好き。気になる店に行って写真を撮ってブログに書いて残すということをずっと趣味で10年くらいやっていました。ミラーレスの一眼レフカメラまで買って撮影していました。

Food Concierge…もはや、仕事の域ですね。

藤井さん…食いしん坊なんです。幼稚園の時にお絵描き帳を渡されたら、ケーキ屋さんのディスプレイの様子を描いているくらいでした。でも食べる専門で作れるかというと、味噌をお湯に溶いたら味噌汁ができるのかと思っていたほどでした。カレーのルゥの箱裏でレシピを見ないとカレーすら作れないというひどい次元でして…。

Food Concierge…舌からこの世界に興味を抱いたわけですね。

藤井さん…本当にそうなんです。それでたまたま休日に母と出掛けた先で料理教室の体験に勧誘されて、まんまと入会してしまったという経緯でした。

Food Concierge…その時は、どのような料理を作ったのですか?

藤井さん…確かケーキを作ったのですが、こんなに美味しいものが自分でも作れるのか!と、感動した記憶があります。

Food Concierge…はじめて作れる楽しさを知ったのですね。そのまま入会してしまうなんて(笑)

藤井さん…最初は、生徒として通っていたのですがだんだん夢中になっていきました。料理教室のある週末は、ワクワクしている自分に気が付きました。私が願っていた女性が活躍できる場は、ここかもしれないと思ったのです。通っている時に、教室内の「先生募集中」のポスターを見て、思い切って応募することになり、無事に講師へ合格。迷いましたが、一念発起して会社を辞めて料理教室の講師を目指したのです。

 

家庭料理はじめ料理上手の道へ

Food Concierge…お料理教室では、どのようなことをされていたのですか?

藤井さん…家庭料理から、パンやお菓子全般を担当していました。研修ですべて1から教えてくれるんです。基礎から応用まで学べたのはありがたかったですね。講師もしながら教室運営をするような毎日で、6年間勤めていました。

Food Concierge…料理のベースは、そこで身につけたわけですね。それで、独立を考えたわけですか?

藤井さん…会社を辞める2年くらい前から、将来的に料理教室ができたらいいなぁという気持ちが高まってきました。最初は、家庭料理とパン教室をしようかと思っていましたが、お菓子もできた方がいいなと思って、仕事をしながらフランス菓子の教室に通っていました。他にパン教室へ通ったり、有名な料理家さんの教室にも行ってみたりしました。

Food Concierge…かなりお忙しかったのでは?

藤井さん…料理教室に通うことも好きだったのかも。そんな中、お菓子専門の先生に出会うことができました。その方のお菓子教室アシスタントを経て、いまは、先生のアトリエを借りてパン教室をさせていただいています。

Food Concierge…割と、とんとん拍子に独立まで決まった感じですか?

藤井さん…全然、そんなことはなかったのです。ずっと会社員として働いていたので独立するということが怖かった。仕事がないと無収入になってしまうの?っていうことが不安でたまりませんでした。今までバリバリ仕事をしてきたタイプだったので。まずは、仕事をしながら休みの日には料理を作って、自分でスタイリングから撮影までしながらインスタで発信する日々を続けてみました。

月に20回のSNS発信!

Food Concierge…お話を聞いていると、すごい努力家ですよね。どれくらいの頻度でアップしていたのですか?

藤井さん…休日のほとんどを勉強と、作品作りやインスタ投稿にあてていたという感じでした。

Food Concierge…努力家ですね~! 

藤井さん…それを続けてフォロワーも増えなければ、自分にはセンスがないからあきらめようと思ったのです。でも、少しずつ関心を示してくれる人も増えてきて、お仕事も広がっていきました。もうこうなったら会社を辞めるしかない!って思ったときに先ほどのお菓子料理研究家の方のアシスタントとして誘っていただいたのです。

↑藤井さん撮影

Food Concierge…ご縁ですよね。いつもインタビューの時に感じますが、人生のターニングポイントで引き寄せの作用が働く気がします。

藤井さん…自分でも不思議なんですが、はじめて強くご縁を感じました。こうなったら決断するしかないという感じでした(笑)。会社を辞めてからは、フードコーディネーターの学校に通って資格をとりつつ、いろいろな講習会に参加しながら、知識と技術を身につけていきました。

Food Concierge…本当にガッツありますね~!

藤井さん…ガツガツなんです(笑)。ずっとハードに働いてきたから、他のやり方が分からない感じなんです。

食いしん坊は、父親譲り!?

藤井さん…料理教室の講師をしていて、すごくありがたい経験だと思ったのはさまざまな家庭環境の方と出会えたこともあります。「料理をする」と一言でいっても、それは人によって目的が違います。たとえば、時短料理を学びたい人、おもてなし料理を学びたい人、基本を知りたい人・・・さまざまでした。みなさんのお話を聞いていて、やはりここぞという時には、手間暇かけたお料理が1,2品でもできた方が楽しいのではないかと思いました。振り返ると、我が家は食に恵まれていたんだなぁと改めて感謝しましたね。

Food Concierge…お母様がお料理上手だったのですか? 

藤井さん…母も料理上手でしたが、父がこだわりの強い人でした。母は毎日食べても飽きない定番料理が得意、父は「もっとこうした方が美味しくなるよ」って工夫を重ねるタイプ(笑)。朝からきちんとバターとマスタードをつけたクラシカルなサンドイッチを作ってくれたりしていましたね。ほとんどの料理を何も見ないで作れちゃうんです。

Food Concierge…それは素敵なお父さまですね! シェフの方なのですか?

藤井さん…いえ、ただの趣味です。昔、若い頃に厨房でのアルバイト経験があるようでした。土日の昼と夜は父のご飯担当が多くて、しょうが焼きも普通の味とカレー味と2種類とか、肉野菜炒めとかどれも本当に美味しくて。

Food Concierge…わ~、いいですね。完全にお父さまの遺伝子ですね。食べ専も作るのも!

藤井さん…確かにそうかもしれません。いま気が付きました(笑)

丸ごとの仕事にやり甲斐を!

Food Concierge…今後は、どのようなお仕事をしていきたいですか?

藤井さん…いま、やらせていただいているパン教室のお仕事は続けさせていただきながら、個人の仕事をもっと増やしていきたいです。パン教室では、料理を美味しく映す写真の撮り方などのミニレッスンもあって、撮り方講座の依頼などもくるようになりました。私自身、料理を作って、スタイリングをして撮影するまでが一連の仕事と考えているところがあって、そこまでやってこそ完結するようなところはあります。

Food Concierge…本当にマルチですよね。いままでやっていたことに一切無駄がない。

藤井さん…自分で考えたレシピを撮影するまでのプロセスにやり甲斐を感じています。1人で試作してうまく撮影ができた時は感動してしまって。このワンセットの流れが好き。マフィンにこんなトッピングをしたら可愛いだろうなぁとか。見栄えと味の両方のことを考えながらレシピを考えて撮影をしているので、思い通りにいったときの達成感があります。

↑藤井さん撮影

Food Concierge…撮影もご自身でされているから、完成形のビジュアルを頭に思い描きながらレシピを考案できる強みはありますよね。これからはSNSのお仕事も多いので、今後は撮影を含めてご一緒できたら嬉しいです。本日は、本当にありがとうございました!

 

ご協力いただいた食のクリエイター

藤井玲子(ふじい れいこ)

東京都在住 1987年生まれ。
大手料理教室で6年間の勤務を経て退職した後、料理研究家として活動を開始。
現在は、毎日のごはんから、パン・おやつまで、
気軽につくれて美味しいレシピを考案し、
企業へのレシピ・スタイリング・写真提供を行う。
また、marimo cafeにて、パン教室のレシピ考案・レッスンを担当。
その他、料理写真の撮り方レッスンなども開催。
Instagramにて日々の活動の様子を投稿中。

 

川越晃子/たべものライター&編集川越笑美/たべものライター&編集

出版社勤務後、フリーランスへ。食の取材を中心とした本の企画・構成をはじめ、レシピ作成やスタイリングを含めたトータルコーディネートなどを手掛けている。“食べるものによって、人の体も心も育まれる”という考えをモットーに、食べ物の裏側にある環境や農業、栄養学にも関心が高い。
著書に、日本の食文化をまとめた『おにぎり』、『まるベジ・ドリンク』共にグラフィック社刊などがある。
現在、フードスタイリスト、料理カメラマンとの女性3人のフードユニット「Soup Caravan」を結成中。
 

藤井さんへのお仕事の依頼はこちらまで(→hue_and@hue-hue.com)
依頼可能内容:SNS投稿レシピ及び撮影 レシピ提供 など

CONTACT

hue_and@hue-hue.com

【担当】 森河 ・ 高橋

会社概要

株式会社ヒュー

設立2005年3月
所在地東京都港区海岸3-5-1
主な事業内容広告を中心とするビジュアル制作事業
資本金1,000万円(株式会社アマナ出資比率:100%)
従業員数40名(2018年4月1日現在)
URLhttps://hue-hue.com/