hueand

COLUMN

hue andで活躍するフードクリエイター、テクニカルメンバー、
フードトレンド、イベントのご紹介を織り交ぜた、
コンシェルジュコラム。

hueandのクリエーター、事例に関する記事を検索できます。

白露

Column 「二十四節気」

二十四節気は、二十四節気は太陽の動きをもとにしています。
天候や生き物の様子を表す名前がつけられ、その季節ごとの細かな自然風土を把握するためのものでした。
二十四節気を意識することで、食の感じ方が変わったり、暮らしがより丁寧なものになります。
Column 「二十四節気」では、hueandのフードクリエイターによる、節気のエレメントに沿った食の表現、スタイリングなどをご紹介します。

今回、クッキングを担当してくれたのはhueandでも活躍する、山田晶子さん。
撮影はフォトグラファー大手仁志が担当しました。

 

白露

草木に朝露が降りるこの頃、暑さは身を潜め、秋本番の涼しさに、朝夕には肌寒さを感じるようになる。夏から秋への入れ替わりのこの季節、渡り鳥の燕が南に帰るように、徐々に、寂しげな秋が様々な表情を見せ始める。

 

味噌玉


体調管理の一つとして塩分の取り方を気にされる方も多いかと思います。

お味噌汁1杯では、約1.2gの塩分を摂取する事になります。1日の塩分摂取目標として男性は9g未満・女性は7.5g未満とされています。1日1回なら塩分を気にする心配は少ないです。味噌は発酵食品の1つでもあるので上手に摂取していきたい食品の1つだと思います。
更に、お味噌汁に入れる具材によっては体に吸収される塩分を防いでくれる働きがあります。
カリウムを多く含む芋類や葉物類、食物繊維の多い根菜や海草類を上手に組み合わせると減塩にもつながります。

出汁を取るのは面倒と敬遠される方も多いかもしれません。
味噌玉を作り置きして手軽に味噌汁を作るのはいかがでしょう?

基本の味噌玉
【材料】(1人分)
味噌…小さじ2
粉末かつお節…小さじ1

【作り方】
1.ラップに味噌と粉末かつお節、お好みの具材(乾燥麩やわかめなど)をのせて包みます。
2.冷蔵庫で保存します。

使用する際はお椀やカップに味噌玉を入れて200ccの熱湯を注ぎ味噌をよく溶いていただいます。

…………………………………………………………………………

<今回ご協力いただいたクリエイター>

山田晶子(やまだあきこ)/フードスタイリスト/栄養士/F&Vジュニアソムリエ

栄養士の資格を取得後、食品メーカーに勤務。兼ねてから興味のあったフードスタイリングを学び、フードスタイリストの道へ。スタイリスト事務所に長年所属した後に独立。現在は、パッケージ・広告・CM・Web・雑誌・書籍などの調理やスタイリングを手掛ける。熱々湯気の出る商材からアイスクリームまでシズルたっぷりの演出とシチュエーションにあった美味しそうの瞬間をつくる。

CONTACT

hue_and@hue-hue.com

【担当】 森河 ・ 高橋

会社概要

株式会社ヒュー

設立2005年3月
所在地東京都港区海岸3-5-1
主な事業内容広告を中心とするビジュアル制作事業
資本金1,000万円(株式会社アマナ出資比率:100%)
従業員数40名(2018年4月1日現在)
URLhttps://hue-hue.com/